197224

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
JFactory釧路川カヌー&ネイチャーツアー Main BBS/ツアー参加者の皆さんの投稿もお待ちしています

1私達の孫? (6) / 2楽しかったです  / 3とても楽しいひとときでした! (1) / 4帰着しました (1) / 5釧路川源流をたどるカヌー体験 (5) / 6楽しかったです! (1) / 7最幸の時間でした (1) / 8最高でした (1) / 9釧路湿原 (1) / 10お久しぶりです (1) / 11お世話になりました。 (2) / 12ステキな体験をありがとうございました (4) / 132018年・冬のシーズン  / 14釧路の前日は大雨だった! (6) / 15作田さん ありがとうございました。 (1) / 16無題 (1) / 17釧路にて (1) / 18音羽橋からのタンチョウとエゾシカの群れ (3) / 19タンチョウと再会 (3) / 20大満足でした〜♪ (4) /

◆ お世話になりました 投稿者:M  引用する 
1/9にお世話になった山口県のMです。予想を上回るタンチョウの大群に圧倒されました。私が持っている30年前のフィールドガイドには、タンチョウの生息数は国内で200羽とあったのですが、当日見ただけでも確実に上回ってますね。
あれから、炉端焼きへいって次の日はシマフクロウも見れました。いい旅行をさせていただきました。たち天、食べ損ねたのでまたいきますろろろろろる

2017/01/25(Wed) 20:36:25 [ No.480 ]
◇ Re: お世話になりました 投稿者:ガイドの作田です。  引用する 
はるばる山口県からお越しのMさん。どーもどもーです!
タンチョウは大分数は増えて来ましたが、まだまだ安心は出来ない生息数です。
自然採食を促進するよう環境省はデントコーンの量を減らすよう各給餌場に指導していますが、数が減ってしまったらどう責任を取るのでしょうか。
自然採食が出来れば、自然と給餌場に来ないタンチョウも増えてくると思います。自然採食地が足らないのでタンチョウは給餌場に来て、先人たちの弛まない努力で少しづつ数を増やしてきていたのではないのかなと思うのですが、皆様はどう感じますでしょうか。

さて、当夜は例の炉端に行ったのですね。実は私も溜まらず別の日に行ってきました。たち天と燗酒の愛称は抜群でした。告知されてなくても聞いてみてください。今時期は大抵食べられます。
シマフクロウも出没しましたか!いい旅になりましたね。是非是非また遊びに来てください。次回は是非たち天目指して下さいね(^^)v

撮影場所:阿寒国際ツルセンター・ノートリミング


2017/01/25(Wed) 21:29:12 [ No.481 ]

◆ 念願のタンチョウヅル 投稿者:ことね  引用する 
タンチョウヅルに会いたくて、ツアーに参加させて頂きました。1日目は給餌場と夕景、2日目は早朝の音羽橋と給餌場に連れて行って頂きました。タンチョウは本当に優雅で表情が優しくて、言葉で言い表せない美しさでした。すべての景色や生き物が感動的で、特に早朝の音羽橋は日の出とともに霧氷や毛嵐がピンク色に染まり、まるで桜並木にタンチョウがいるような不思議で幻想的な光景でした。
ガイドの作田さん、本当に本当にありがとうございました!
タンチョウの声と雪が恋しいです、、、また遊びに行きます!!

2017/01/04(Wed) 22:43:52 [ No.476 ]
◇ Re: 念願のタンチョウヅル 投稿者:ガイドの作田です。  引用する 
野鳥好きのことねさん。今回の旅は収穫は大きかったのではないでしょうか。2日間頂けたので、同じ場所でも時間が違うと表情が全く違うので、楽しんで頂けたかなと思っています。
また、念願のシマエナガもゲットしましたね!

撮影場所・伊藤サンクチュアリ
ノートリミング


2017/01/05(Thu) 10:07:32 [ No.477 ]
◇ Re: 念願のタンチョウヅル 投稿者:ガイドの作田です。  引用する 
また、早朝の音羽橋は気温が高いと霧氷や気嵐は見られません。逆に気温が下がり過ぎると気嵐が湯気状になってしまいタンチョウは靄に隠れてしまいます。
当日はとても条件が良く、とても綺麗で神秘的な音羽橋でした。NHKも取材に来ていましたね。


撮影場所:早朝の音羽橋
ノートリミング


2017/01/05(Thu) 10:13:46 [ No.478 ]
◇ Re: 念願のタンチョウヅル 投稿者:ガイドの作田です。  引用する 
今年は鳥インフルエンザの影響でツルセンターでのウグイの生餌の給餌はお正月現在、見合わせています。それでも、オジロワシが飛来してきました。
遠くにはオオワシも旋回していました。

今回、ことねさんをご案内出来て本当に楽しかったです。20代の人生はまだまだこれから!未来があります。
是非、是非また遊びに来てください。心よりお待ちしています。ツアーのご参加、そしてBBSへの投稿ありがとうございました。

撮影場所:阿寒国際ツルセンター
トリミングのみ


2017/01/05(Thu) 11:01:31 [ No.479 ]

◆ 丹頂鶴とサバンのような釧路湿原 投稿者:柴田  引用する 
丹頂鶴と冬の湿原を見たく夫婦で釧路を訪れました。
何百羽もの鶴は雪の白さに負けず優雅で美しく感激!天候にも恵まれ、しばし鶴の仲間入りをしたようでした。
湿原を「サバンナ」と言った作田さんの言葉、360度人工物のない風景を堪能しました。
夜はオススメのあぶり屋さんでたち揚げ・焼きガキ等で二人の忘年会、美味でした。ありがとうございました。

ネイチャーの番人、作田さんへ


2016/12/23(Fri) 22:20:46 [ No.473 ]
◇ Re: 丹頂鶴とサバンのような釧路湿原 投稿者:さくちゃん@ガイド  引用する 
今年、2016年は雪も早く12月下旬は人もまだ少ないのでゆっくりと観察出来たかなと思います。
タンチョウは優雅でいてお茶目なところもあり、見ていて飽きないところがとても魅力的と感じています。
羽根の白さも太陽の位置や天候で変わり雪の白さとはまた違うコントラストを感じて頂けたかなっと思っています。

ご夕食も楽しまれたようで良かったです。早く私もたち天(白子の天ぷら)を賞味したいです(^^)

それでは、ツアーのご参加、そしてBBSの書き込みありがとうございました。機会がありましたらまたのお越しを心からお待ち申し上げています。


2016/12/24(Sat) 13:11:05 [ No.474 ]

◆ 楽しかったです (^_^) 投稿者:斎藤  引用する 
こんにちは〜
先週はお世話様でした。
3年前も水か多かったのですが 今回はそれ以上 \(◎o◎)/
それでも 楽しい時間が過ごせました♪
また お会いできる日を楽しみにしています (^O^)/


2016/09/27(Tue) 07:06:56 [ No.470 ]
◇ Re: 楽しかったです (^_^) 投稿者:ガイドの作田です。  引用する 
どーも、どーもです!こんにちは〜。
お二人は最初にツアーに参加して頂いてから11年経ってしまいました。最初はワンコと2人で。その内に嫁が出来きて、あっという間に子供が出来、その子供も今年小学3年です。
つくづくと月日が経つのが早いですね〜。。。と言う年になってしまいました(^^;;
お二人のわんこちゃんたちもとてもかわいくていい子たちですね。可愛がられているのが分かるように健やかに育っていました。
いつの日にか宿小屋をしたいと思っています。その時は招待しますので是非遊びに来てください。
またお会い出来る日を心よりお待ちしています。

2016/10/09(Sun) 09:55:11 [ No.472 ]

◆ お世話になりました❗楽しかったです。 投稿者:yama  引用する 
湧水源流ツアーに申し込みましたが、残念ながら台風続きで増水していたため、カヌーはできませんでした。そこで「中止」となり終わるところですが、Jfactoryさんは、硫黄山、砂湯、摩周湖に連れていってくれました。カヌーに乗れなかったのは残念でしたが、思いがけず観光が出来て嬉しかったです。
今回台風続きで釧網本線が運休していて、羅臼から屈斜路湖に行く手段が見つからず、JFactoryさんに泣きついて探してもらってしまいました。本来なら断られても仕方ないところですが、バスで行く手段を探して頂き、無事屈斜路湖に着くことが出来ました。(屈斜路湖は諦めないといけないと思って本当に泣いていました。)
屈斜路湖から釧路にむかう日にアクティビティを申し込みをしていたのですが、釧路にバスでむかうこととなったため、バスの出発時刻に合わせてプランを急遽変更していただきました。更に参加前日に釧網本線が動くという情報をJFactoryさんで把握。さらにさらにJRの出発時刻に合わせてプランを変更ときめこまやかに対応してくれました。
本当にありがとうございました❗感謝です❗
いつの日か湧水源流ツアーに挑戦したいと思います。

2016/09/24(Sat) 06:57:16 [ No.469 ]
◇ Re: お世話になりました❗楽しかったです。 投稿者:ガイドの作田です。  引用する 
どーもどーもです!こんにちは。
今年は真夏に台風に見舞われてしまってガイドとしてもとても大変な時期でした。
それでも、気持ちを切り替えお客様にご満足頂けるよう努力しました。そんな中yamaさんのように感じて頂けると「おもてなし」の心が伝わったのかなと思うととても嬉しいし励みにもなります。
今回の事は、「是非また北海道に遊びに来て」と言う事かもしれません。そう思って是非また遊びに来てください。

家族一同心よりお待ち申し上げています!

2016/10/09(Sun) 09:46:27 [ No.471 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -